1991年度

[楽団のあゆみに戻る] [トップページに戻る]

1992年≫

交響楽団設立という記念すべき年です。 交響楽団はいきなり設立されたものではなく、 始めにその母体となる九工大飯塚音楽協会が設立されました。 そして、その中で準備を進め11月に交響楽団設立となったのです。

設立当初は弦楽器はヴァイオリンとチェロぐらいしかなく、 全団員を含めても20名弱という規模で、 とてもオーケストラといえるほどの人数ではありませんでした。 また、弦楽器奏者のほとんどが初心者でした。

こういった手探りの状態の中で、 碓井町でのコンサート(弦楽器は出場せず)は好評を博しました。 こうして、交響楽団は産声をあげたのです。


松本先生宅での忘年会(91年12月)

<役員構成>
顧問 :松本 修文
団長 :今戸 肇
演奏会実行委員長 :演奏会はありませんでした
コンサートマスター :その体制はありませんでした


5月28日
九工大飯塚音楽協会の発起人会を開催。 学内にポスターを掲示して賛同者を募る。
7月2日
九工大飯塚音楽協会が設立される。
10月8日
「リングホール」2階のミニホールで毎週火曜日に2時間(夜) の練習を開始。
11月5日
九州工業大学交響楽団が発足。初代団長は今戸肇。
11月22日
工大祭の野外ステージで演奏。 教職員の奥様方のコーラスや、学生による管楽アンサンブルを披露。
12月8日
九州工業大学交響楽団設立を祝う「鍋会」が行なわれる。 九州工業大学交響楽団設立記念日。
1月18日
碓井町教育委員会の依頼より、 碓井中学校において「クラシックコンサート」を開く。
1月28日
碓井町コンサート打ちあげ&焼肉新年会。
1992年≫

[トップページに戻る] [楽団のあゆみに戻る]