1994年度

[楽団のあゆみに戻る] [トップページに戻る]

≪1993年 1995年≫

本年度は15名程度の新入団員を迎えスタートしました。 新入団員のほとんどが弦楽器を志望し、弦楽パートが充実してきました。 そのため、新入団員への教育体制をどのようにするかを 模索している年でもあります。 団への定着率の向上も考えなければならない年でしょう。

また、6月には第1回定期総会が開催され、 団則が承認され公布されました。 学外交流としては、福岡学生オーケストラの連盟であるJMJに 加盟しました。

本年度は常任指揮者を迎え、1月に行われた 第2回定期演奏会も好評を博しました。 しかし、数々の反省点もありました。 さらに、設立当初からの夢であった大学の式典(卒業式や入学式など)での 演奏が実現しました。初めての試みで大変でしたが無事終了。 卒業生も一緒に演奏し、よい記念となったことでしょう。


JMJソフトボール大会:西南大にて(94' 10/2)

<役員構成>
顧問 :松本 修文  総務 :渡辺 俊彦
団長 :高野 茂 広報 :下條 泰
副団長 :古屋 朝子 渉外 :野島 歓之・松元 映二
演奏会実行委員長 :清水 修
コンサートミストレス :福本 明子

4月12日
新入生オリエンテーションにおいて「パッヘルベルのカノン」を演奏。
4月22日
浅野先生(コントラバス)の出国記念パーティー開催。
5月13日
新入団員歓迎バーベキュー開催。
6月15日
第2回定期演奏会の客演指揮者予定の緒方さんが練習を見に来られ、 「新世界交響曲」の全楽章を振る。
6月16日
第1回定期総会開催。
7月10日〜12日
英彦山青年の家にて合宿。
8月24日
ヴァイオリニストの小池さんを迎え、弦楽器パートのトレーニング。
9月1日〜3日
英彦山青年の家にて合宿。 夕べのつどいで、「新世界交響曲」第4楽章の冒頭を披露。
10月2日
JMJソフトボール大会 (西南大学グランド)。
10月25日
臨時総会。その後、約30名参加による第1回ボーリング大会。
11月1日
第3回定期演奏会の選曲会議。
11月17日
団内サロンコンサート。午後6時より大講義室にて。
サークル棟への入居開始。部室確保の夢が実現。
11月20〜23日
工大祭において模擬店「ドーナツ屋さん」を出店。
12月18日
JMJ総会(於:福岡大学)で、JMJへの加盟が承認される。
12月24日
クリスマス会&忘年会。
1月6日〜8日
演奏会直前強化合宿(国立夜須少年自然の家)。
1月21日
第2回定期演奏会
1月25日
第2回定期演奏会 大反省会・幹部交替
2月15日
臨時総会(大講義室)。定期演奏会有料化の方針が決定。
3月10日〜13日
合宿(国立夜須少年自然の家)
別名:卒団生お別れ合宿。前半は練習、後半は「もちつき大会」。 さらに、「バレーボール大会」を開催。 最後の「飲み会」では、みんなやりたい放題!!
3月24日
念願の卒業式での演奏(九州厚生年金会館)。
曲目は「ニュルンベルクのマイスタージンガー」。 しかし、演奏は式の始まる30分前。 客よりも我々の方が多かったのでした。 第一歩にしては上出来でしょう。今後に期待!!
≪1993年 1995年≫

[トップページに戻る] [楽団のあゆみに戻る]